〒275-0021
千葉県習志野市袖ケ浦1-19-10

TEL:047-451-1180

習志野市の歯科・小児歯科・矯正歯科・予防歯科

診療案内

CONTENTS MENU

  • 採用情報
モバイルサイトはこちらのQRコードよりご覧ください。
HOME»  診療案内

診療案内

予防歯科
いつも健康なお口でいるために、PMTC・定期検診・歯みがき指導などを行っていきます。

一般歯科
ムシ歯・歯周病・歯槽膿漏・歯周炎など気になることやお悩みをご相談下さい。

小児歯科
小さなお子さんの歯の疾患など。将来歯を失わないように早いうちからご相談下さい。

矯正歯科
歯のデコボコ・八重歯・出っ歯・歯の真ん中がずれている・歯がすいているなど不ぞろいの歯並びはムシ歯や歯周病の大きな原因です。

義歯(入れ歯)
精密義歯・目立たない義歯・痛くない義歯など、お悩みをご相談下さい。

審美歯科
歯を白くするホワイトニング・目立たない詰め物・被せ物など。

インプラント
歯を失ってしまった場所に人工の歯根を埋め込み
自分の歯と変わらない噛み心地・力を取り戻す人生第2の永久歯です。

予防歯科

予防歯科

歯科医院でのPMTC、定期検診、歯みがき指導など。

一生ご自分の歯で噛んでいただくために、痛みなどの自覚症状がなくても定期的に歯医者さんでチェックとクリーニングを受けることにより、ムシ歯や歯周病を予防・早期発見し、ムシ歯や歯周病が見つかった場合でも最小限の治療ですむようにしていきます。

>>予防歯科について詳しくはこちら

一般歯科

ムシ歯治療、歯周病・歯槽膿漏治療、抜歯、炎症処置、知覚過敏 など。

ムシ歯や歯周病は自然に治ることはありません。痛くなくてもムシ歯は進行しており、痛くなってからでは削ったり抜いたりといった処置が必要になってきます。ですので、ムシ歯も歯周病も「早期発見・早期治療」が大切です。定期的に検診やムシ歯診断を受けて歯の異常を見つけてもらい、自覚症状にとらわれずムシ歯と診断結果が出た場合は指示通り早めに歯医者さんで治療を受けましょう。

>>一般歯科について詳しくはこちら

小児歯科

小児歯科

赤ちゃんに初めて乳歯が生えてくるのは月齢6ヶ月頃からです。最初に下の前歯が生えてきてから、2歳半頃まで20本の乳歯が次々と生えてきます。
80歳まで健康なお口を維持するために、ムシ歯が出来たら…痛くなったらでは無く最初の歯が生えてきたら、パパママと一緒に最初の受診をする事をお薦めします。
歯を悪くしてからの受診は、お子さんが歯医者さんを嫌う大きな理由になってしまいます。
健康なうちから、歯の状態のチェックやプロによるクリーニングとフッ素塗布、おうちでの歯みがきやフッ素の使い方、おっぱいや離乳食についてなど、日常生活のアドバイスも楽しく行います。

矯正歯科

歯のデコボコ・八重歯・出っ歯・歯の真ん中がずれている・歯がすいている・・・

矯正治療の目的は正しい噛み合わせと美しい歯並びを作り出すことです。
美しい歯並びは単に見た目だけではなく、スムーズな顎の動きや口元のバランスは正しい噛み合わせによって支えられています。
つまり、歯並びの美しさは発音、呼吸、そしていきていくために最も重要である食べることなどの機能と密接な関係があり、健康にもよい結果をもたらします。

>>矯正歯科について詳しくはこちら

義歯(入れ歯)

皆さんが感じている「不満な入れ歯(義歯)」についてのお悩みを解消し、ご満足いただける入れ歯(義歯)を作るためにさまざまな装置・技術・材料をご用意し、よりよい入れ歯(義歯)作りに力を注いでおります。

理想の入れ歯(義歯)とは?

  • 美味しく食事ができる
  • 食べたいものが食べられる
  • 見た目が審美的にも優れている
  • 浮く、ずれる、痛みなどがなく口内でも違和感がない
  • と考えています。

入れ歯(義歯)をしていて、少しでも違和感を感じたら歯医者さんに相談しましょう。
入れ歯(義歯)は、皆さんおひとりおひとりそれぞれ違うものです。ことに、新しい入れ歯(義歯)は最初はなかなか慣れずにしっくりきません。また、使っていくうちにちょっとずつ不具合を感じてくる事もあります。

そして、入れ歯(義歯)とは、良く噛める入れ歯(義歯)ほど人工歯が減ってきます。そして入れ歯(義歯)が動かされ粘膜を傷めてしまいます。
定期検診では歯と歯肉の状態のチェック、清掃なども行っています。
快適な食生活を行えるように、少なくとも1年に1度程度は入れ歯(義歯)の定期検診をお薦めします。

部分義歯、総義歯また症状によって様々な種類もご用意しておりますのでお気軽にご相談下さい。

>>義歯(入れ歯)について詳しくはこちら

審美歯科

ホワイトニング・目立たない詰め物・被せ物など。

ムシ歯や歯周病などお口の中の疾患を治療するという機能的な側面の考えをこえて、お口の自然な美しさを大切に考える審美的・健康的な治療を行っていくのが審美歯科です。
また、機能的な面でも保険で行う治療より皆さんおひとりおひとりに合わせて痛くない・壊れない・フィットした素材や形に近づけることが出来ます。

一般的な歯科では、健康保険制度での治療は機能的な歯科治療に偏りがちであり、審美歯科的な治療を行うには限界があります。審美歯科として考慮することは、出来るだけ天然の歯を削らず上下の噛み合わせを機能的なものにし、歯と身体の健康を確立することです。

皆さんにとって審美歯科とは、綺麗な歯並び・白い歯はバランスのとれた口元を作り出し、自信を持った明るい性格を導き、周りの人に清潔感を感じさせ生き生きとした生活ができるようになります。

>>セレック治療について詳しくはこちら

インプラント

インプラント(人工歯根)とは、人工の歯根を埋め込んでその上に人工の歯を被せる方法です。

ムシ歯や歯周病、もしくは事故などで失ってしまった部分に施す治療法で、入れ歯(義歯)やブリッジとは違いしっかりと固定するインプラント療法は、自分の歯を取りもどしたような安定感と噛み心地を取りもどす事が出来ます。
また、見た目が自分の歯と変わらないくらい奇麗に仕上がり、周りの歯削ることなく行えます。しっかりと歯根を固定するので、入れ歯(義歯)のように骨が痩せてくるのを防ぐ事もでき、画期的な治療法です。

>>インプラントについて詳しくはこちら