〒275-0021
千葉県習志野市袖ケ浦1-19-10

TEL:047-451-1180

習志野市の歯科・小児歯科・矯正歯科・予防歯科

予防歯科

CONTENTS MENU

  • 採用情報
モバイルサイトはこちらのQRコードよりご覧ください。
HOME»  予防歯科

歯は、年をとると入れ歯(義歯)になるのが当たり前だと思っていませんか?

それは大きな間違いです!毎日のお手入れで予防をしっかりしてムシ歯や歯周病を防ぐことで、80歳・90歳でもご自分の歯で噛んでいる方もいるのです。
では、歯を失わずにいつまでもお口の健康を保てる人と、歯が全てなくなってしまう人の違いとは何なのでしょうか?
それは、まさに『早期発見・早期治療』に他なりません。

予防歯科とは、一生ご自分の歯で噛んでいただくために、痛みなどの自覚症状がなくても定期的に歯医者さんでチェックとクリーニングを受けることにより、ムシ歯や歯周病を予防・早期発見し、ムシ歯や歯周病が見つかった場合でも最小限の治療ですむようにしていきます。

>>正しいホームケア・歯みがき

>>予防歯科で行うPMTC

>>予防歯科で行う定期検診

正しいホームケア・歯みがき

ぷラークがつきやすい部位は歯ブラシが当たりにくい場所

歯の健康の基本は、毎日行う歯みがきです。
歯を磨いて、お口の中に付着したムシ歯菌やプラーク(歯垢)を落とす事でプラークコントロールを行います。

ムシ歯や歯周病はプラークによる感染症と言われています。
プラーク(歯垢)とは細菌のかたまりで、この細菌は唾液などの体液を栄養にしているため食事をしなくてもプラークは出来てしまいます。
まず歯に付着し、そのプラークが徐々に増えてくると歯と歯肉の間の歯周ポケットといわれる溝に溜まってきます。
歯周ポケットにプラークが溜まってしまうと自分ではなかなか落とせないので、まずは歯につき始めたプラークをしっかり落とす事が大切になってきます。

ですから、毎日正しくしっかりと歯を磨く事が大切とされます。

正しいブラッシング

プラークを狙って磨けていますか?

歯みがきといっても、ただ歯を磨くだけではプラークは落ちません。
一見シンプルに見える歯は、1本1本の形も違い、微妙な曲面で作られています。ですからただ漫然と歯ブラシを歯に押し当てて磨いてもプラークを落とす事は出来ません。
正しいブラッシングは、ご自分の歯の形をよく見て1本ずつ歯を狙って磨く事です。
プラークは毛先でサッと落とす事が出来ます。
毛先を上手にプラークに届かせ、毛先のコシで取るのがコツで、毛先の届かせ方が工夫のしどころです。
毎食後磨く事が理想ですが、特に夜寝るまえにしっかりと磨くように習慣付けましょう。

歯面に対してブラシの毛先を直角に当てましょう!

プラークを落とすには歯ブラシの毛先を歯面に直角に当てて小さく動かします。
歯の表面は微妙な凸凹があるので大きく動かしても効果がありません。
また、歯ブラシのワキ、カカトやツマ先などのブラシ面を使い分ける事がポイントです。

歯ブラシを強く当てていませんか?

ブラッシングを歯肉のマッサージだとして、歯肉を歯ブラシで強くこする人が居るのですが、そのために必要以上に歯肉を傷つけている場合があります。
ブラッシングはあくまでも歯面のプラークを落とすためのものですので、歯肉を歯ブラシでやたらに傷付ける事はあまり良いとはいえません。歯周ポケットにたくさんプラークが溜まっている場合には、歯医者さんでの除去をお願いしましょう。
ご自宅での歯みがきでは、力は入れずに軽く毛先で落とす程度がいいと思われます。
歯ブラシを歯面に強く押し当てると毛が寝てしまって、毛先がまったく当たらないのでプラークは取れなくなります。
軽く歯面に毛先を当てて、毛の弾力だけでブラッシングをする事が大切です。
強く磨くとプラークは取れずに、歯や歯肉を傷つけるだけです。

歯ブラシで磨くにくい所は補助器具を使いましょう

補助器具には歯間ブラシ、デンタルフロス、タフトブラシなどがあり、歯と歯の間のプラークを取るのに適しています。
入り組んだ歯並びで、通常の歯ブラシでは磨き残しができる場合には効果的な補助器具を使います。

歯みがき剤の効果的な使い方

始めから歯みがき剤を使って磨くと、泡で狙いが定まらず磨き方も雑になります。
最初は歯みがき剤は使わずに奇麗な歯面になったところで仕上げで歯みがき剤を使うのが望ましいです。

予防歯科で行うPMTC

予防歯科で行うPMTC

ちょっと聞き慣れない言葉ですが、「バイオフィルム」は細菌のかたまりであるプラークの強固な集合体です。
分かりやすく言うと、流しの排水溝のヌルヌル、あれは正にバイオフィルムです。
そして、そのバイオフィルムも同じようにお口の中で作られています。

バイオフィルムは細菌自体がフィルム状のバリアーで覆われているので、外部から保護されて細菌にとって住み易い環境となります。その上、バイオフィルムは歯面や歯と歯肉の間の歯周ポケット以外にも舌の表面(口臭となる舌苔)や入れ歯(義歯)にも付着します。

バイオフィルムが歯面にあるとエナメル質を溶かしムシ歯を発生させます。
歯周ポケット内では歯肉の炎症を拡大させ、歯を支えている骨まで破壊されて歯を失うことになります。
平坦な面のバイオフィルムは歯ブラシで丁寧に磨けば除去できますが、歯周ポケット内は歯ブラシが届かずバイオフィルムはますます成長していきます。

また、バイオフィルムは薬が効きません。バリアーで覆われているので抗菌剤や消毒剤などの薬が浸透しにくく効かないのです。
したがって、今の所歯ブラシなどで物理的に除去する以外に方法はないのですが、歯ブラシの届きにくい部分には歯医者さんでの専門家による対応がどうしても必要です。

歯ブラシがきちんと当たる場所はバイオフィルムが出来る前にとれてしまいますが、次のような人はできやすい条件があるので注意が必要です。

  • ブラッシングが上手く出来ない人
  • 歯並びが悪く角度的に歯ブラシがうまく当たらない人
  • 歯周ポケットが深い人
  • 矯正治療中の人
  • 修復物の多い人

などです。

PMTCは効果的なプロケアのひとつです。

Professional:プロフェッショナル(専門家、歯科医師・歯科衛生士による)

Mechanical:メカニカル(専用の器具を使用)

Tooth:トゥース(歯の)

Cleaning:クリーニング(清掃)

PMTCは患者の皆さんのお口の中の状態や症状によって、専門家(歯医者・歯科衛生士)の判断の元に行われます。
定期検診で皆さんの健康をサポートして行うのはもちろんの事、治療中でバイオフィルムが上手く取れない場合でもお口の状態によってPMTCを行います。

PMTCの一般的ステップ

1 口の中の状態チェック
歯の表面の染め出しを行い、ブラッシングの状態、バイオフィルムの付着をチェックします。
きれいにブラッシングしているつもりでもバイオフィルムは付着しているのです。

2 歯石除去
歯の表面や歯肉の中(歯根の表面)などに付着している歯石を除去します。

3 洗浄
人によっては歯周ポケット内のバイオフィルムを歯科医院専用の器具を使って除去(破壊)する必要があります。

4 清掃
歯科医院専用の器具を使い、歯面・歯間部・歯と歯肉の間・咬合面などをきれいにします。

5 フッ化物の塗布
フッ化物などを塗布し、歯質を強化します。

☆これは一般的な手順で、皆さんのお口の状態によってやり方が異なる場合もございます。
詳細は担当の歯医者さんにお尋ね下さい。

たけだ歯科医院の予防歯科で行う定期検診

定期検診では、状態を確認し不十分な所を補い皆さんにふさわしいホームケアのやり方を指導します。

定期検診の内容

  • 歯周病精密検査(X線検査・歯周ポケットの測定・動揺度の検査)
  • ブラッシングの再確認
  • 咬み合わせのチェック
  • 生活習慣指導
  • PMTC(歯科医療専用機器を使った清掃)
  • 抗菌剤の塗布、フッ素塗布

通常、以上の6項目を年に2~3回行います。

定期検診の目的

1 歯周病やムシ歯になっていないかチェックします

  • 治療後でも悪化しやすい病気なのでチェックが必要です。
  • もし悪化していたら初期のうちに治療します。

2 毎日のブラッシングが出来ているかチェックします

  • おひとりひとりに合ったブラッシング法を指導します。

3 PMTCで歯をきれいにします

  • PMTCで歯面はもちろん、歯周ポケットの中など自分で落とせない部分をきれいにします。
  • きれいにツルツルにするので汚れも付きにくくなります。

4 歯周病やムシ歯の危険がある部分に薬剤を塗って護ります。

  • フッ素塗布によりエナメル質が強化されます。

定期検診はあくまでもホームケアのサポートで、不十分な所を補い処方するものです。
何よりも大切なのはホームケアです。
そしてお口が健康なうちから定期検診を習慣づける事が大切です。

次の項目にひとつでも当てはまる人は、ムシ歯や歯周病になるリスクが高い人です。
定期検診を受けましょう。

  • ブラッシングで出血する
  • 歯に隙間が開いてきた
  • 物がはさまるようになってきた
  • 口臭が気になる
  • 冷たい物がしみるようになってきた
  • 歯が動くようになった
  • 歯が伸びたように感じる
  • 最近1本歯を失った
  • 口の中の渇きが気になる
  • 妊娠している

など

定期検診サイクル

【通常】
  • 1~2ヶ月に1回
  • 3~4ヶ月に1回
  • 6ヶ月に1回
  • 1年に1回

定期検診はあくまでも口の中の健康を維持するためのものです。だから、健康なうち、または治療終了後から始める事をお薦めします。
もし定期検診中に病気が発見されても初期段階なので、治療は痛みも少なく最小の費用で簡単に行うことが出来ます。
今ある歯を一生使うためにも、定期検診は大切です。